残業過多と、職場の強制的な移動や職務変更によってストレスで体調をくずし泣く泣く退職し、失業時に生活に困った体験があります。

自己都合という理由で退職という形なりましたが、ハローワークにて残業時間の定時とその時の状況を話すと「会社都合に出来ますよ」という事で失業保険をはやく貰える事になりとても助かりました。

失業中は家賃と保険と最低限の生活費と携帯代等を合わせると失業保険ぎりぎりだったため、生活は苦しかったです。

体調を崩したままだったので通院代も乗っかり、かつお金がないので食費を削ったため尚更体調が悪くなるという悪循環でした。

仕事が決まるまではネットでできるクラウドソーイングなどでアンケートや記事を書き、細々とほんの少しですが収入を得ていました。

大学時の奨学金の返済もあったので、一時失業のため返済免除申請をし、手続き等を行いました。

会社員時代の貯金がある程度あったのでしばらくのんびりしようと思い体調を整えた後、就職活動を初めてなんとか難を逃れました。

お金が無いとなにかと心に余裕が無くなるので、会社を辞めるとき等の事を考えてある程度貯金は蓄えておいた方がいいと思いました。

奨学金や年金等、免除申請できるものは行って、定期的な収入が見込めたらすぐさま申請を解除するということをしたほうがいいと思います。